業務案内

カミクボ電設からのお知らせ

求人募集 電気工事作業員

只今弊社では電気工事士を募集致しております。

手に職をつけ、免許を取得すれば一生使えるステータスにもなります。
同じ住宅は存在しないように電気配線などもその住宅ごとに配線ルート、どうすればきれいに仕上げられるかなど…
同じ作業を行う仕事とは違い、毎日が新しい発見と仕事をしていく上での技術向上がそのまま自分の力となります。

また、実際に現場に出向き電気が使えない所を使えるようにしたり、エアコンの新設などお客様から直に感謝が伝わり、仕事をしている実感とやる気につながる所も大きな魅力です。

自然と電気だけでなく建築の事も知識として蓄えられます。
覚える事も多いですが一生の仕事にするにはもってこいだと思います。

弊社の魅力、仕事内容等はホームページでご確認いただければ幸いです。

その他詳しくはハローワーク(リンク有り)をご覧ください。

西日本豪雨災害

この度の西日本豪雨災害で弊社のある西予市宇和町は比較的被害は少なかったものの、弊社の倉庫は道路より下にあるため、浸水被害を受けました。

当日朝3時頃、宇和川は警戒水域を超え消防団に召集がかかりました。
私は消防団に所属しているため、詰所に向かう前に会社に寄ると写真の状況でした。(ここには車も止めてあったので避難させた後です)



ある程度の機械類等は上にある事務所にあげ、詰所に向かいました。
見回りの途中、会社に再度寄ったのですが水が1m以上来ていました。(最初の写真の奥からの撮影です)



水が引いた後はこういう状態でした。



これはほんの一部ですが、奥の作業員用事務所、配線器具、電線倉庫も酷い状態…

被害にあわれた一般の方の対応とともに、会社の掃除もしなければならず、一週間ほどまともに動けない状況が続きました。
被災後数日間は電話線の短絡(ショート)により電話も通じず、ご迷惑をおかけしたかと思います…

ライフラインである電気復旧で、ボランティア活動等人手を回すことが出来なかった為、弊社では野村町への救援物資を送らせていただきました。

また従業員の実家(宇和島市吉田町、大洲市)も被害を受けていましたので、被害を受けた従業員に一週間の休みや、水やポリタンクを送らせていただきました。


西日本豪雨災害から一か月が経ちましたが、甚大な被害を受けた地区はまだまだ復旧作業が続いております。

弊社も西予市、宇和島市、大洲市の一般住宅、店舗、ミカン畑の復旧に向けて忙しい日々ですが、なるべく早く、また活気ある日常が取り戻せるよう尽力していきたいと思います。


また弊社では、この度の西日本豪雨災害で被害にあわれた方への電気配線の点検、簡易な仮設電気工事については無償で行っています!

なるべく早く対応致しますのでご連絡ください。

前のページに戻る
menu

HOME > カミクボ電設からのお知らせ

© 有限会社 カミクボ電設